トップページ > 群馬の自衛隊情報
  群馬の自衛隊情報 
 北方四島は日本の領土返還なくして「戦後」は終わらない
 〜北方四島交流訪問事業レポート〜  (2018.9.15 UP)

 群馬県隊友会長 小島健二様より、「よりたくさんの皆様に北方領土問題を知っていただきたい」とのことから、北方領土(国後、択捉)訪問レポートをお送り頂きましたので、ここに掲載させて頂きます。
北方四島は日本の領土返還なくして「戦後」は終わらない
平成30年度 北方四島交流訪問事業(第1回・一般)参加所見

群馬県隊友会長 小島 健二

 平成30年7月26日(木)から31日(火)の間、「独立行政法人北方領土問題対策協会」(以下北対協という。)が実施する「北方四島交流訪問事業」に、 公益社団法人隊友会から推薦され「北方領土返還要求運動連絡協議会」(以下北連協という。)の団員として参加する機会を得た。

 団員64名は北連協事務局長児玉泰子氏を団長に国会議員等、北対協、北連協、交流専門家、北方領土元居住者、報道関係者、政府関係者、医師、通訳、事務局から構成されていた。

 2012年12月衆議院選挙直後の記者会見において総理就任前の安倍自民党総裁は、日ロ関係の重要性を強調しつつ、日露関係を改善していく中で、領土問題を解決して、平和条約の締結を希望する旨述べました。

 2013年4月安倍総理は日本の総理としては十年ぶりにロシアを公式訪問し、プーチン大統領と日露首脳会談を行いました。

 2016年5月ソチで行われた日露首脳会談で、今までの発想にとらわれない「新しいアプローチ」で交渉を精力的に進めていくとの認識を両首脳で共有しました。

 そのような中で、現在国後、択捉島の代表者、住民が日本に対してどのように考えているのかを知る良い機会であった。

 交流訪問事業の目的は領土問題が解決されるまでの間、日本人と四島に在住するロシア人との民間レベルでの相互理解の増進を図ることであり、児玉団長以下各団員の熱意と努力により所期の目的は十分に達成されたと思慮する。

 国後島1日、択捉島2日で訪問先、視察先は20箇所、日程の割にはかなり密度の濃い事業であった。

 島の代表との面談は極めて友好的でビザなし交流の成果が感じられた。


(停泊中の船舶「えとぴりか」)

 一方博物館視察の際の案内係の説明には違和感を感じた。「戦後、再度ロシア領(ソ連)になった」と言った事である。 1855年日魯通好条約で始めて国境が確定さたのであってそれ以前はどちらの国の領土でもない。戦後日本から奪い取っただけのことである。 きっと、 マニュアル通りの回答をしたのであろうが歴史認識が大きく異なることを再認識した。

 択捉島紗那墓地墓参、われわれの交流訪問事業の一週間前、航空機利用による関係者等の墓参が行われ、墓地はおおむね綺麗に清掃されており、当初予定されていた草刈は行われなかった。日本人にとって墓参は意義深い事業だと思う。

 住民交流会、小箱作り、アクセサリー作り、布草履作り共に参加者で満席。ロシア人の子供もご両親等も大喜びで、住民交流会は大成功だと思う。

 択捉島オダイバケ温泉、温泉といっても水泳パンツ等を身に着けて入るもので、日本の温泉とは全く異なるものである。 帰宅後同行したフジテレビの記者の温泉風景が放映された。まさに観光スポットであるとの印象を受けた。共同経済活動の事業化で合意している観光ツアーの目玉になると思われる。


(択捉島 オダイバケ温泉)

 ホームビジット、今回の交流訪問事業で心配はしていたが、もっとも楽しみにしていたのはホームビジットである。 若いスタイルの良いお母さんと、賢そうな6歳の息子さん、黒い大きな猫、グレイの子猫が迎えてくれた。通訳の方が来るまでは悪戦苦闘、自己紹介の後は四島交流の会話集を頼りに交流に努めた。 私が知りたかったことの一つは、なぜ択捉島に住んでいるのかということであった。通訳のおかげで祖父母の代から住んでおり、息子さんは四世代目であることがわかった。 それなりに島での生活に満足している様子であった。

 択捉島ビラ海岸散策、今回の交流訪問事業の内、数少ない観光が目的の場所である。

車高の高いトラックバスに揺られ道なき道を走行、いたるところに湿地帯があり、草花が咲き誇りとても綺麗であった。 蝦夷キスゲのオレンジがかった黄色の花が特に印象的であった。ビラ海岸の絶景は日本では見ることのできない「秘境の旅」とでも称すれば温泉同様観光ツアーの目玉になると思われる。


(トラックバス ビラ海岸)

 紗那下町散策(旧日本学校)、日本人が住んでいた痕跡を残しているのが墓地と旧日本学校である。門柱には何も書かれておらず、旧校舎はかなり老朽化している。 何らかの形で残す努力をしてもらいたいと思った。

 夕食交流会、国後島、択捉島での夕食交流会の歓待ぶりは筆舌に尽くしがたい。民と民の強い結びつきが、国と国の困難な問題解決に一歩でも近づくことを切に願った。

 帰宅数日後、読売新聞に同行記者の記事が掲載された。記者の目は私の目よりかなり厳しく映っていたようである。 「日露両国の経済活動をめぐる協議が進まないのを尻目に、中国企業などが現地開発を後押ししている。」 また水産加工場に「クリルはロシアの土地」というスローガンが掲げられていることを掲載していた。 中国の「漁夫の利」とならないよう、北方領土での共同経済活動が事業化できるよう進展を期待している。

 また8月7日、産経新聞に「択捉島に戦闘機配備 政府露側に抗議」の記事が掲載された。スホイ35は第四世代戦闘機で極めて高性能の戦闘機である。 ロシアが北方領土で軍備増強を進めているのは遺憾と思い、北方領土問題は粘り強く交渉しなければならない問題であることをあらためて認識した。

 観光ツアーの交流事業のためには、ビザなし交流の拡大が不可欠であり、根室港と国後、択捉島の航路の開設、北海道の飛行場と択捉飛行場との空路の開設の方向に進められることを願っている。 人の交流のみではなく、野菜等の生鮮食品の移動も可能になり国後、択捉島の居住者にもメリットがあると考える。

 沖縄には、返還前戦後施政権が米国にあったときでも、日本人はそのまま居住しており、米国人は軍人を除けば一般人はほとんど住んでいなかった。 一方旧ソ連は日ソ中立条約を一方的に破棄し、終戦後ヤルタ協定を根拠に北方四島を侵略後、すべての日本人を島から追いやり、その後には現在四世代までが居住している状況となっている。 北方領土問題の解決の難しさは沖縄とは比較にならないと考えられる。

 1981年9月27日、納沙布岬に北方領土返還祈念シンボル「四島のかけ橋」の建設委員長であった末次一郎氏(沖縄返還にも尽力された。)は「北方領土の返還が実現しなければ、『戦後』は終わらないと言い遺している。

 領土問題を解決し、日露の平和条約を締結することは、日本の安全保障環境を今よりはるかに強固にすることは間違いなく、 難しい問題であるからこそ、それぞれの立場を越え国民一丸となって、政府を支え、後押しすることが不可欠であると考える。

 われわれ団員ができることは解散後にある。何度も強調されたが事後活動の徹底である。北方領土問題意識の普及高揚に努めたい。

 北連協で実施した事前研修を含め本交流訪問事業間で団員の皆さんと相互理解を深めることができたことも私にとって大きな成果であった。

 北対協、北連協をはじめ関係者皆様に深く感謝申し上げます。
 小島会長、貴重なレポートをありがとうございました。

 「自衛官募集」のポスターをUPしました。   (2018.7.10 UP)
崇高な志の若い皆さんを応援すべく、自衛隊の了解をえて「自衛官募集」のポスターを掲載いたしました。
≪お問合せ先≫
自衛隊群馬地方協力本部

TEL:027−221−4471
メールアドレス:hq2-gunma@pco.mod.go.jp
◆太田出張所
◆前橋募集案内所
◆高崎地域事務所
◆沼田地域事務所
0276−45−5563
027−233−8960
027−326−1761
0278−23−4111

 平成29年度群馬県自衛隊入隊・入校予定者激励会演奏会     (2018/3/4 UP)
陸上自衛隊第12音楽隊演奏会の様子です。
レポート写真の続きはこちら

【 自衛官の任用制度 】
↑↑クリックで拡大↑↑
【問合せ先】
自衛隊群馬地方協力本部
〒371-0805 群馬県前橋市南町3丁目64−12
TEL:027−221−4471(代) FAX:027−221−4473
E-mail:hq2-gunma@pco.mod.go.jp

 平成29年度自衛官候補生入校式    (2017/9/7掲載)
隣県のニュースですが、熊谷基地における「平成29年度自衛官候補生入校式」の様子です。
自衛官候補生課程3カ月を卒業すると、二等空士に任命され自衛官となります。
後ろに座られているのが御家族です。
両親のみならず、祖父母、兄弟姉妹、恋人も来られています。

 「平成29年度 第67回前橋七夕まつり」での自衛隊群馬地方協力本部イベントの写真を掲載しました。

【日時】平成29年7月8日(土)、9日(日) 10:00〜17:00
【内容】軽装甲機動車 偵察用オートバイ パネル展示 ミニ制服等試着体験 だるまん
レポート写真の続きはこちら

 陸上自衛隊第12音楽隊 ミニコンサート     (2017/6/25掲載)
イオンモール高崎で行われた「陸上自衛隊第12音楽隊 ミニコンサート」の写真を掲載しました。

【日時】平成29年6月25日(土) 10:00〜17:00
【内容】だるまん パネル展示 ミニ制服試着 タペストリー展示
レポート写真の続きはこちら

 左翼ビックリ! 自衛隊の特殊車両、ショッピングモールで大人気     (2017/5/28掲載)
けやきウォーク前橋で行われた自衛隊のイベント写真を掲載しました。

【日時】平成29年5月27日(土)〜28日(日) 10:00〜15:00
【内容】災害派遣活動等パネル展示、リーフレット等配布、ミニ制服試着体験、装備品展示
レポート写真の続きはこちら

 オスプレイ参加の日米共同訓練 レポート写真     (2017/3/12掲載)
陸上自衛隊相馬ヶ原駐屯地で行われている日米共同訓練の写真を掲載しました。
写真を提供していただいた皆様には心から御礼申し上げます。

撮影日:3月9日、10日 (写真はクリックで拡大できます。)
 【広報資料】
部外広報用資料-1 部外広報用資料-2 記者説明資料
 【米海兵隊との実働訓練】
機上からの降下訓練@ 降下訓練A 降下訓練B
降下訓練C 米海兵隊員@ 米海兵隊員A
降下訓練D 演習場内より撮影@ 演習場内より撮影A
演習場内より撮影B 演習場内より撮影C その他訓練風景
 【ギャラリー風景】
「WELCOME,OSPREY!」 「イイネ!」 ギャラリーの1コマ
目の前を通過する隊友会のバスは、中から手を振ってくれました。 報道関係者を乗せたバスは囚人護送車のようでした。 「WELCOME OSPREY」プラカード
 【基地外の風景】
「プロ市民」丸出しのみなさん 洗脳が解けないみなさん もしくは確信犯・・・
工作員もいたりして こちらは「九条の会」の信者さん まるで事故を期待するかのようにカメラを構えています。
もうすぐ消滅!「社民党」 見事に老人ばかりです。 若い頃は多数派だったのに・・・
こんな余生ヤダ・・・
スマホ動画の1ショット

平気で歩道に駐車してます。

All RIGHTS RESERVED, COPYRIGHT (C) 頑張れ日本!全国行動委員会 群馬県支部 2011